ハッピークソ腐女子ライフ

汚部屋はなんとかなったので人生を切り売りする

霊能者の方に霊視してもらった話

前の記事

生存報告と近況 - ハッピークソ腐女子ライフ

でも書いた通り、母親がスピオタクっていうか…なんかそんな感じなんですね。すんごいわかりやすく言うと霊能者のお客さんなんです。ヒェ〜。

ほんで娘のメンタルがコンクリートジャングルでズタボロボンボンになってしまった!仕事もできないみたいだし毎日ゲームやってる…ということに危機感を覚えたのか、自分の知ってる霊能者の方を紹介してくれたんです。余計なお世話じゃ〜い!ほっとけ〜!

いや正直地元戻ってから更にボンボロボンになったんですけど、それはまあ…いいや…折り合いが悪かっただけなんで…

 

スピリチュアル:邂逅編

母「出かけるよ!準備して!」

私「エッ、どこへ…?」

母「沖縄からユタのおばさんが来てるらしいから紹介してもらったの!予約とっといたから!

 

うそお…………

人生のうちで霊能者に霊視してもらう機会があると思ってた?私は…ちょっと思ってた…小学生ぐらいから…いつか来るんやろなって…

この時は「もしかして母、霊障かなんかだと思ってる?」と思ってたんですね。先祖の霊がどうたららこうたらとか言ってたので。今も言ってるんだけど…お前それワイの父方のご先祖の前でも言えんの?と思ってるんですけど…

ぶっちゃけ「(霊能者の霊視ってどんなんなんやろ…)」と思ってたんですよ。あと話のネタ程度に思ってたので、行くことにしました。強めに拒否するのもめんどくさかったし…(本音)

 

そして1時間ぐらい車に乗せられて見事に車酔いをキメた私は、白目を剥きそうになりながら霊能バトルのトーナメント待ちみたいな気持ちでトイレに行きまくり、ド緊張していました。

正直"今から霊能者とサシで話す"という現実が受け止めきれなくて、「この体験なんかにまとめたらTwitterで1万RTぐらい行かないかな〜」とか思いながらその辺の野良猫と遊んでました。一方先に霊能者とのバトルに臨んだ母はなんか泣いてた。私も泣きてえわ。

 

ユタのおばさん、優しい

とうとう泣いて顔がドロドロになった母から名前が呼ばれてしまい、とある年季の入った飲食店のお座敷席に通され、霊能者の方と対面。

 

メチャクチャ普通のオバちゃんがいました。

 

いや…………マジか…………オバちゃんマジで霊能者なん………?

なんか…へんなお札とかでバッシンバッシン叩かれたりとかしない?!マジで?!

いや、動揺を悟られてはいけな…あなたが(本名)さん?」アアーーーーはいーーーーそうですーーーー(正座)

 

もう一発で恐ろしさに負けた。私は悪霊で〜す!成仏しま〜す!みたいな気分になった。

ちなみにこの時点でトイレに2回くらい行ってる。

 

霊能者(以下、霊)「ええっとね、まず生年月日とか色々"視させて"頂いたのね」

トイレ行きたい私「アッ…スネ…っス…」

霊「…………あのね」

漏れそうな私「っス」

霊「………面倒くさい環境にいるわねえ…………

私「…………ッスね……………………

 

実家と折り合いが悪くて、離婚して実家出た母親が新しく作った彼氏の家に失保もらいながら居候してる無職のネトゲ廃人のアラサー喪女って、そりゃ霊能者じゃなくても「めんどくせえ環境だな」って言うわな!ガハハ!

いやでも一切自分のいまの状況とか話してなかったのでビビりました。先に話してた母が伝えたのかもしれないけど。

 

思わず泣いちゃった

で、なんか、泣いちゃったんですよね、私。話してる途中で。

少し世間話をして、「そうか、頑張ってきたんだね、もう頑張んなくていいからね」って言われて、泣いちゃったんです。なんでか。

 

思えば実家帰ってきて、「何で働けなくなったの?」「自業自得でしょ」「これからどうするつもりなの?」「なんで頑張れなかったの?」とか、けっこう言われていたので、もう人と関わりたくなくなってたんです。

だってそんなん私が一番聞きたいわ〜い!自分でも知らんわ〜い!どうしたらええんじゃ〜い!

けどなんか死ぬのもダメって言われるし、自分がなんで生きてんのかとか、なんで死んではいけないのか、なんで誰も必要としていないのに存在していなければいけないのか、みたいにぐるぐる考えていたんです。それこそ物心ついた頃から。

 

仕事辞めたのも、幼い頃から付いて回っていた希死念慮と自己否定が大きくなって、限界でぽっきり行ったのかな〜とか、思ってたんですよ。心療内科行け!

 

そういう部分を、「よく頑張ってきたね」って、全肯定されたんです。

ぶっちゃけ、親にもそんなん言われたことないのに。

 

過去編自分語り回なので興味のない方は読み飛ばしてね

〜回想〜

親が悪いとは言いたくないです。ただ相互理解が足りていなかっただけ。というか、元々会話が多い方ではなかったし、真剣に話をする機会もそこまで多くなかったし。そもそも日常会話ですらそんな真面目に聞いてもらえなかったしな…

母親なんて十数年間離れて暮らしていた上に性格が合わないもんで、会話をしようという気も起きなかった。気にかけてはくれるけど、あくまで自分主体の接し方だったから。

 

けど、両親が離婚するって父から話された時、泣かないように明るく振る舞ってしまって、その時まだ存命だった曽祖母に、「お前は強いな」って言われたんです。

 

それで、バカにならなきゃって思ったのを思い出しました。

家庭内の雰囲気、私がバカになって明るくしなきゃ!みたいに思ってしまったんですよね。

今思うとそんなことねえぞ〜!それアラサーになっても引きずるからありのままでいけ〜!お前はエルサだ!!!!って思うんだけど。

 

お母さんがいないからって言われないようにちゃんとしろだとか、お前は長女なんだからもっと頑張れとか。なんで言われた事もちゃんとできないの、とか。

なんで弟よりマシな学校行けないんだとか、お前は高校出たら適当に男作って結婚するんだと思ってた、とか、色々言われてたぐらいにはバカだったんです。そう思われてた。実際はもっと評価してほしかったのに。

 

それでいいとも思ってたんですよね。私は頭がいいで〜す!って体で過ごしてて、何か大きな失敗とかしたら周りからこき下ろされて笑われるような環境だったので。常に何か言うとバカって言われてたし、喋っても聞いてもらえないし。

だから大学で一人暮らしを始めるまで、喋るのも苦手だったし、自分の好きなものもよく分からなくなって、埋もれてしまっていたのかなと思います。

 

自己評価なんて地の底で、「やっぱり私はダメなんだ」って、ずーっと思ってた節があったんです。今は意識して天才〜!とか言うようにしてるけど、やっぱり自分で自分を殴りつけるような感じが側に付いて回っている。

 

褒められた記憶もそんなに無いし、頑張って当たり前、できて当たり前。きちんとしてて当たり前、みたいな風に思っていたんです。

 

でもなんか、それを改めて「頑張ったね」って言われたら、そりゃ泣くよね〜。

〜回想終わり〜

 

スピリチュアル:感想編

で、一通り「頑張らなくていいよ」「良いもの持ってるんだよ」「自分を認めてあげて」って言われて、人間性全肯定されて、ボロボロ泣いたあと、なんかスッキリしました。

まあでもなんかそのオバちゃんがやってるコミュニティに来な!ってメチャクチャ誘われたのは断りましたけど。怖いし。

 

その日はスッキリして終わったんですが、その後も母に他の霊能者のところに連れて行かれたり…霊能者の方主催の旅行に連れて行かれたり…色々ありました。これまた別記事で書きます。

いや正直普通に楽しかったんだけどさ…(困惑)

 

でも一番面白かったのは、複数の霊能者の方に「血の繋がった人と相性そんなに良くないから離れた方が生きるの楽だよ〜」って言われたことですね。

やっぱそう思う?

 

あと複数人の霊能者の方に霊視(この単語使うと思う?)してもらう過程で、問診票みたいなのに記入させられるんですね。

訊かれる項目で共通してたのが、

  • 名前
  • 生年月日
  • 生まれた時間
  • 両親の名前
  • 現在どこに住んでいるか

これでした。

 

これ、冷静に見るとどこに住んでるかっている?って思うんですけど、住所を記入することでDMが来ることがわかりました。霊能者から。メチャクチャ普通のハガキでDMが来る。あと年賀状とかも来る。びっくりした。

霊能者の方って個人事業主らしいんですね。そこだけメチャクチャ現実的で笑ってしまった…個人事業主なんだ…どうやって登記してんだろ…

 

まとめ

霊能者、おもしれえ…………

やっぱ言うたら接客業なので(身も蓋もない)、色んな人と話して色んな悩みを聞いてるんですよね。

だから相手が言って欲しい言葉を的確にかけてあげることもできるし、これからどうしていったらいいよ、て事もアドバイスできる。

あれ?これカウンセリングだな………

 

あと、以外と現在の悩みとか、何を祓ってもらいたいのか〜みたいな話はされませんでした。

失礼ながら「アイツを呪ってくれ!みたいな人は来ないんですか?」って聞いてみたんですが(マジで失礼だな…)、

「そういう人はアポ取った時点で嫌な感じがするので、話聞くより先にその人をお祓いする」んだそうです。はわわ。たしかに。

 

お会いした方がホンモノなのか?とは言うつもりはないし、ホットリーディングなんだろうな〜とは思うんですが、

そういうところが一定の層に支持される、「わかってくれる」「救われる」と思われる要因なのかな〜と感じました。

 

で、複数の霊能者の方とお会いして思ったのは、みんななんか、優しいんですよ。

霊能者ってけっこうヤバめな呪文を唱えてトランス状態になったあと、ヤバめな目つきで「霊が見えます」とか言うイメージがあったんですけど、なんかみんな、普通。

私は見えます!とかそう言う人だと思ってました、って言ったら「そりゃそうだよね〜」とか言うし。普通。なんか普通。

ただ単に「自分はお祓いとかできるからやってるだけ」って感じみたいです。普通の感覚からしたら、それもすごい特殊なんだけど。

普通のおじさんおばさんで、普通に感じが良いんですよね。びっくりした。変な宗教に誘ってくるとかも無く、あそこの神社は相性いいから行くといいよ!とか、もうちょっとお墓とかお部屋、お家を綺麗にした方がいいよ!とか、普通〜の事を言ってくれるだけ。

朝は起きて掃除して、深呼吸して瞑想して、たまに神社仏閣や山へお詣りしたり、自分のやれることをやったら開運しますよ、っていう、すげ〜〜当たり前の事をアドバイスしてくれるんですよね。そこでどれをやったら一番(霊的に)効果的なのか、というのが付け加えられるだけで。

 

なのでまあ、マジで霊障に悩んでる!呪われてる!って方は、お近くの霊能者の方に頼ってみても良いんじゃないでしょうか。知らんけど。インチキ霊能者に当たってぼったくられても責任は持てないです。

霊能者の方にお祓いとかアドバイスとかしてもらって、推しの霊能者(やだなこの言い方…)ができて、人生楽しい!健康になりました!毎日ハッピーです!って気持ちになれるんならいいんじゃないでしょうか。

けどそれを身内といえども人に押し付けてしまうのはよくないと思いますよ。ホントに。逆に不安になるから。

だって母親から突然「お世話になってる霊能者にお祓いしてもらいなさい」とか言われても困るじゃん。困ったし…

ただ、自分でその人を信じて行動する分には、それで救われるなら、楽になれるなら、いいんじゃないかなあ…と思います。

あれだよ、オタクが自分の好きなジャンル(宗教)とか推し(霊能者)とか無理矢理ひとに布教するとドン引かれるし、無理矢理好きになってもらうのもなんか違うじゃん、そういうことだよ…たぶん…

本質はたぶん一緒だよ、知らんけど…

 

けどぶっちゃけ悩んでる人は素直に病院とかのカウンセリング行った方がいいと思うよ!まじでな!

 

おわり。

生存報告と近況

みんな〜〜〜〜〜〜〜!

生きてるよ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2年くらい?更新してなかったんですがえっ…2年…?!ウソ…………………………………………

 

いやなんか色々ありまして。たった2年されど2年ですね。

 

前の会社を退職しました

忘年会で30人くらいはいたはずの同期がわたし含めて2人になってたりとか、炎上案件にばっかり配属されるのとかでなんか薄々感づいてはいたもののやっぱりブラックだったようで、メンタル壊して辞めました。ありがち〜

でもなんか「もう無理です、辞めさせてください」って会社に言えたのと、

友人に泣きながら電話して、心療内科いって、(ここが正直一番キツかった)もらった診断書を会社にバーン提出したら速攻辞められたし、

会社辞めるまで

  • ベッドから出られない
  • わけもなく涙が出てくる
  • 希死念慮がスゴイ
  • 胃腸が常に痛い

みたいな状態から「もう会社行かなくていいんだ!」って思ったら速攻元気になったので、何にしろ辞められてよかったです。

でも転職活動中に社名見て「ウワ!!!!ここブラックだよ!!!!よく3年もいたね!!!!」って言われたのは笑ってしまった。

 

地元に戻ってしまった

ほんで地元…ど田舎なんですが。戻ってしまったんです。

ぶっちゃけメチャクチャ後悔しました。

家族は結構おかたい職に就いてる人が多くて、もともとそんなに家族と折り合いが良くなかったので戻りたくはなかったんです。なのでどうしようかな…と思っていたところ、離婚して出てった母親の現彼氏の家に居候することになり(めんどくせーな!)…

という、なかなかめんどくさい環境で過ごしていました。

 

母親、実は結構スピ…にハマっておりまして。

昔から有名な気功の先生とか、沖縄のユタですっておばさまとか、毎月山を登って修行をしてる霊能者とかいろいろ…ね、あの…けっこう強烈な親で、乾いた笑いが漏れています。いや好きなんだろうから何も言わんけど…滝に打たれてこいとか言われないし…

で、メンタル壊して辞めて実家帰ってきた娘に何かしてあげなきゃ!って思ってくれたのかもしれません。そんな方々に色々"視て"もらいまくってました。ちゃうねん。そういうんちゃうんや。

 

そんなこんなで生きてるよ

いやなんかほんと色々あったんで別記事にして記事数稼いだろ!って思ってます。ごめんな。

生きてるからま〜〜大丈夫っしょ!

再来週引っ越しなのにな〜〜んも準備終わってねえ!わ〜〜い!

 

今年もよろしくお願い致します。

ベッド下の段ボールから得体の知れないものが出てきたけど私は元気です

f:id:yasuraka:20160807000907j:image

イエーイ!スッキリ!

今日やったとこ

  • ベッド下
  • 部屋中心あたりのちゃぶ台周辺
  • 本棚まわり
  • クローゼット前ちょっとだけ

 

ハヒーーーー面積だけ見たら3畳ちょいくらいなのにめちゃくちゃ疲れた……

今まさに床に寝っ転がってます。すごい…大の字…

 

長いこと「ものを置く場所」と化していたちゃぶ台の周りを片付けました。

印鑑やらポストカードやらキーホルダーやら細々したものが出るわ出るわ…(憔悴)

何年掃除してなかったんだろうってぐらいにチリやら埃が張り付いてたので、拭き掃除して畳んで立てかけておいてます。

ものが多すぎて取り出せなかった座椅子(写真真ん中あたりの茶色いの)も出せたので、ベッド以外に座れるスペースができました…

今度からごはんは机出して食べよう…

 

それからベッド下!

3年くらい…?は確実に掃除してなくて、何か色々たまってました…こわかった…

実家から送ってもらった野菜とか、普通はすぐ冷蔵庫に入れるか常温の野菜置き場に置いておきますよね。

けどね、汚部屋の住人ってね、まず冷蔵庫が使えないの。

あとね、野菜置き場とかいう概念はないの。

結果的に段ボールの中で一生を終えた可哀想な玉ねぎは、一種の蠱毒のようになっていました。

想像してみてください。

 

段ボールに閉じ込められた玉ねぎが謎の蔓を伸ばし、その先端に謎の実を付け、

蔓で頑強な段ボールの蓋を開けようとするも力尽き、そのままカッピカピのミイラになっている様を……

 

あのね、正直泣くかと思った。

ベッド下で一番邪魔なのがこれだったので最初に片付けたんですが、一番MP削られました。

段ボールの蓋部分に蔓が突き刺さってたの見た時はほんとに死ぬかと思った。もうしません。

 

けど虫とかなんか…プルプルしたものとか…なんかそういう水分系の臭いのするものとかがなかったのが救いですね!(前向き)

 

そんなこんなでやっと本棚に取りかかれました。

資源回収に出すものと売るもの、残すものに分けるだけで5時間くらい…ひええ…そら汗だくにもなりますわ…

見てこの綺麗な本棚!!

f:id:yasuraka:20160807003711j:image

性癖を曝け出していますね。気持ちがいいです。

性癖にビンビン来ないもの(と、焼けがひどくて買い直したいもの)は容赦なく本棚から抜いたので、ここに残ってるのはほんとに好きな本です。やったー

こっちも結構量があるので、今度こそ宅配買取頼もうかと思います。

 

同時にクローゼットから同人誌を出して、ひとまず一箇所に置いてます。

f:id:yasuraka:20160807001912j:image

この量

やばい…(戦慄)

ざっと見ただけで200冊以上はあります。

よくこんな集めたな…?!逆にすごいのでは…

ちなみにこれ、膝までの高さのキャリーバッグと同じくらいの高さがあります。

しかも半分くらいは横に立ててまとめてあるので、全部縦にしたら多分50cm以上はある。

やばい(再確認)

は…はやく明●堂さんに連絡しないと………!!

 

今日もたくさんゴミ袋にブチこんでやったので、案外出ました。可燃ゴミが5袋。

けど今回は少ない方だなー!

最初の頃とか一回に10くらいは出してたしな…ゴミが減ってきたな…えらい…

 

ひとまず今日はこれで終了!にしたい!

FINAL FANTASY XV KINGSGLAIVEを観てきました

f:id:yasuraka:20160730211617j:image

朝の9時にな。

 

FFナンバリング自体はⅦとⅧ、XIVしかやってない上にⅧは途中で投げたというあいまいな知識で観てきましたが、

それでも「うおーー!FFだこれーーー!!!」って大興奮できました。

 

~あらすじ~ 

神聖なるクリスタルを擁する魔法国家ルシス。

クリスタルを我が物にしようとするニフルハイム帝国。

二国はあまりにも長い戦いの歴史を続けていた。

  

ルシス国王レギス直属の特殊部隊「王の剣」。

ニックス・ウリックら「王の剣」は魔法の力を駆使し、 進行してくるニフルハイム軍を辛くも退けていた。

  

しかし、圧倒的な戦力の前に、レギスは苦渋の決断を余儀なくされる。

王子ノクティスとニフルハイム支配下のテネブラエ王女ルーナとの結婚、 そして、首都インソムニア以外の領地の放棄―。

  

それぞれの思惑が交錯する中、ニフルハイムの策略により人知を超えた戦場へと変貌したインソムニアで、ニックスはルシス王国の存亡をかけた戦いに向かう。

 

全ては"未来の王"のために。

Story | KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV より引用

 

舌噛みそうな用語が並んでてわけわかんねえと思いますが大丈夫です。なんとなくでも全然観られます(多分)

 

ガチのネタバレ込み+ほんのちょっとだけ腐女子視点あり なので収納してます。

相変わらず語彙力はないよ!

続きを読む

ポケモンGOをやりながら本を売却したら10km歩いてた

このカテゴリの記事久しぶりだな!というか更新自体久しぶりだな…

 

最近「あ〜部屋きったねえな〜」と思いつつだらだら過ごしていたんですが、ふと掃除板のまとめで見た

 

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

 

 この本がブックオフにあったので、買いました。ありがとう108円!

 

淡々と

「あんたこうやろ、せやからこうなってるんやで」

「それは余計なガラクタが部屋にいっぱいあるからやで」

「そんなんしてると何も上手くいかへんのやで」

「まず必要やないもん捨てて好きなもんだけ残しや」

「掃除できるようになったら掃除したらええやで」

って叱られてる気分になるwので面白いです。

個人的には、部屋の不要なものの事を「ガラクタ」って言うのがしっくり来ました。

某「ときめいたものしかお部屋にないようにしましょう!」って人の本よりは(好きな方いたらすみません)納得できる理由と過程も多いし、結構すんなり入ってきて読みやすかったです。

個人的には女子っぽいものとかにちょっと苦手意識と同時に憧れもあったりするので、こっちの方が向いてるな~と思いました。

文章というか語調もやさしめで懇切丁寧に指導してくれる感じなので、読書が苦手な人にも優しいんじゃないでしょうか。

 

実際、この本に載っている風水定位盤に当てはめてみると、最近この関係の部分が滞ってるな~と思う場所に物が多かったりするんですよね。まあ全体的に多いんだけど…

定位盤の司る位置とかに関してはググってください(丸投げ)。

 

本「部屋のこの位置はこういうものを司っています(例:人間関係)」

ワイ「ほんまや!人間関係のとこむっちゃものあるやん!」

 

っていう、プラシーボだかホットリーディングだかなんだか、そんな感じかもしれないですけど。

けどこういうのがあると、今日はやる気出ないな~と思ってても、例えば「仕事がうまくいかないからこの部分を片付けよう」と思えるので、

汚部屋住人にありがちなどっから片づけたらいいかわかんねえ!っていう人向けの一種の指標というか、脱出に対しての取っ掛かりとしては良いんじゃないかな~と思いました。

 

実際、余計な物をひたすらゴミ袋に突っ込んで、ちょっと疲れたら休憩がてら換気して、ってやってると気持ちが良いんですよね。

気の流れが~とか言うつもりはないけど、単純に空気が入れ替わるとスッキリします。

 

スピリチュアル色が強いのは否めないので、あんまり信用しすぎないで良いとこ取りするのが良いんじゃないでしょうか。

喪女だけど恋愛の部分がきったなかったのはさすがに頭抱えましたけどね。

 

普通に考えれば汚部屋に住んでる腐女子とかそりゃ彼氏できねえよ!!!!!と声を大にして言いたい。

 

とにかく物とゴミが多くて狭い部屋に住んでいるので、参考にしつつ物を捨てていきます。

 進捗だよ↓

続きを読む

「春川くんとユキ先生の腐男子事情。」(相音きう先生)を読みました

部屋の掃除?知るか!!!!!

俺はほもの本を読むんじゃ!!!ウワーーン!!!!!!

  

というわけでこちらを読みました。

春川くんとユキ先生の腐男子事情。 (バンブーコミックス 麗人uno!)

春川くんとユキ先生の腐男子事情。 (バンブーコミックス 麗人uno!)

 

憧れのBL作家はおっさん!?
あまりの素敵ギャップにきゅん死に寸前です!!

腐男子の春川俊之は、BL作家・谷田ユキの大ファン。
憧れの谷田先生のアシスタントをすることになったけど、先生は可愛らしい絵柄からは想像もつかないガチムチおっさんで…!?
ギャップ萌えからはじまるヘタレ腐男子×おっさんBL作家のLOVEシリーズと男の精気しか吸えない落ちこぼれ淫魔と不埒なイケメン祓魔師のエロティックファンタジーを同時収録!!

とのあらすじです。

あらすじは何も知らなかったんですが書店で表紙を見た瞬間喜び勇んで購入しました。

だっておっさん受けだし雄っぱいだし…やったあ…

普段おっさん受けに飢えている腐女子としてはこちらあの…本当に…最高でした…

BL本を読むと語彙力を失くすのが常ですが感想を書きます。がんばるぞ

長いのでしまいました。

続きを読む